筋肉痛がないと効果がないの?

こんにちは(﹡ˆˆ﹡)
私は昨日下半身のトレーニングを久しぶりにやったので
筋肉痛がバチバチきております…。(笑)
ふくらはぎがパンパンなので
今日はケアをしっかりしようかなと思います◎

(色黒っ!と思った方、
私は元々は超がつくくらいの色白です。焼いております。(笑))

先日患者さんに
「筋肉痛にならないとトレーニングの成果が出ていないってこと?」と質問されたので、
筋肉痛についてちょっと説明いたします(﹡ˆˆ﹡)

筋肉痛に関する研究は昔から行われていて、
様々な説があります。
一般的によく言われているのは、
運動によって生じる疲労物質の一部が、筋肉中の毛細血管に長時間残ってしまい痛みが発生するとか、
運動をすることによって筋線維が傷つき、炎症を起こすという説です。
筋肉痛の原因、正体は未だに解明されていないようです。

筋肉痛にならなくても筋肉は成長します。
筋肉には適応能力があるため、刺激、負荷を与えると次また刺激を与えられても負けないように成長が促進されると言われています。

筋肉痛があるなしではなく、「筋繊維に刺激を与えられたか」が重要なのです。(適切なトレーニングをすれば筋肉痛がなくても無意識のうちに筋繊維に刺激を与えています)

筋肉痛がなかなか抜けない、という方は、
栄養面を見直したり、ストレッチを多めに取り入れたりしてみるのも良いかと思います。
先日ブログで紹介しましたBCAAもおすすめですよ(﹡ˆˆ﹡)♪

コメントは受け付けていません。

サイト管理

このページの先頭へ