グロインペイン症候群って??

「グロインペイン症候群」、という症状の名前を聞いたことがある方、

もしかしたらあまりいらっしゃらないかもしれないのですが・・・

特にサッカー選手がかかりやすいと言われています。
サッカー選手の職業病」と呼ばれるくらいサッカー選手に起こりやすい怪我です。

治療方法も確立されておらず、とにかく治りにくい上に

慢性化しやすい怪我と言えます・・・。

グロインペイン症候群の症状としては「鼠蹊部(そけいぶ)の痛み」が挙げられます。

「下腹部が痛い」「股関節が痛い」「足の付け根が痛い」などの表現をする人が多いです。

初期症状としては、

サッカーでボールを蹴る時の痛み、

全力で走る時の痛みなど、限定的な運動時痛が起こります。

グロインペイン症候群が悪化していくと、徐々に痛みが出る頻度が増えて

軽度の運動でも痛みが出るようになります。

最初は強くボールを蹴る時だけ痛みが出たものの、徐々に蹴る動作全般で痛みが出る。

最初は全力で走る時だけ痛みが出たものの、徐々に歩いていても痛みが出るようになる。

このようにしてグロインペイン症候群の症状は悪化していきます。

 

グロインペイン症候群の前に膝や足首などの怪我を抱えたままプレーを続けて、

それが原因でグロインペイン症候群になるということもあります。

グロインペイン症候群にかかってしまった場合、まずは安静、休養が一番です。

休養しながら、電気治療や手技(マッサージ)などの治療をしていきますが、

骨盤や背骨の動きを正したり、股関節の動きを改善していかないと根本的な解決にはなりません。

libero接骨院では、グロインペイン症候群の患者様も対応いたします。

電気や手技などの治療だけではなく、骨格矯正や動きの改善もしっかり行い、

グロインペイン症候群を根本的に治していきましょう。

 

パーソナルトレーナーの寺山でした(^^♪

蕨 整骨院 ケガ,川口 接骨院 ケガ,蕨 接骨院 ケガ,川口 子供 ケガ,戸田市 子供 ケガ,骨折早く治す,骨盤矯正 安い,

 

コメントは受け付けていません。

サイト管理

このページの先頭へ