代表プロフィール

治す施術から、
故障しにくいカラダ作り。
院長 岸将弘

埼玉県川口市出身。

小学校から大学までサッカーを続け、国体選手の候補に選ばれつつも、怪我により断念。

大学中退後は、コンビニ、すし屋、ラーメン屋、バーで働いたり、鬱状態になったり、迷走。

その後、「これではいかん」と目を覚まし、建設現場で職人として働く

だが職人の世界が楽しかったが、体力的に厳しく悩んでいた頃に、知り合いの結婚式で接骨院の先生に出会い、その先生のもとで整体師として働きだす。

そこでサッカーをやっていた頃の体の使い方を思い出し、整体師としてスポーツ選手や体の痛みを抱えている人を助けたい!と言う思いが強くなり、柔道整復師の資格を取るべく学校へ行き始める。

朝の8:30から夕方の17:45まで赤羽の接骨院で働き、18:20から高田馬場の学校で始まる授業に通い、21:30に帰ってきてから夜中の2:00まで勉強、気づいたら机で気絶、という日々が3年続く。

(おかげで試験後は潰瘍性大腸炎の疑いにかかる。)

無事試験に合格し、柔道整復師として接骨院で2年働いたのち、蕨市にリベロ接骨院をオープン。

交通事故患者・スポーツ選手・子供・高齢者をケアしているうちに、接骨治療だけでなく、その他の要素を複合的に合わせる必要性を感じ、リベロ接骨院をトータルケアゾーンliberoとして蕨駅前にオープン。

リベロ接骨院では

痛みを取ることは簡単な作業です。

特殊電気を使い、手技でマッサージやストレッチ、時には矯正を行い治療していきます。

そんな事は誰でもできてしまいますよね。

我々があなたに提供できる事は、ただマッサージをしてもらって気持ち良かった~ではないんです。

ただ気持ちいいマッサージならリラクゼーションに行く事をお勧め致します。

保険適用であれば、捻挫、打撲、寝違え、ギックリ腰、drの同意があっての骨折の治療、脱臼後のリハビリですね。

 それが接骨、整骨、ほねつぎの業務になります。

だが、怪我をしない為の、そして痛みが出ない身体作りを提案する事が予防医学になっていくんです。

痛みが出れば治療して痛くなくなったからまた同じ日常生活に戻り、また痛くなって。

そんな繰り返しをご経験されているのではないでしょうか。

そして、結局どこに行っても良くならない。

整形外科では薬だけ。

そんな事はみんなが知っているお話しですよね。

リベロ接骨院ではあなたに提供できるものがたくさんあります。

問診であなたの沢山の情報をお聞きして、そこに対してアドバイスをし、時には運動指導を行う。

歳だから、昔からだから、どうせなんて思っていたら治るものも治らない。

治るよりも治す。

今からだから痛みのない身体を作る。

ダイエットも同じですよね。

痩せたいと思うのか!?

痩せると思うのか!!

同じ言葉でも意味が違います。

本当に治りたいなら治ると思い行動する事が大事です。

我々は治療家です。

あなたと同じ方向を向いて治療していきます。

時間はかかるかもしれませんよ。

けどその先にイメージがあれば、そしてその時に一緒に喜んでいる人のイメージがあれば必ずよくなれます。

実際にそんな方達がリベロ接骨院には来院してくださっております。

スタッフも同じ気持ちで常に向上心を持ち学ぶ事を惜しみません。

全てはあなたの為に。

常にそう教えております。

リベロのスタッフはどこに行っても自慢のできる最高の仲間です!!

そんなリベロ接骨院へぜひお越しくださいませ!

そして痛みのない生活を送れるようにして行きましょう!!

どんな事でも構いませんのでお気軽にお問い合わせ下さいませ。

サイト管理

PAGE TOP