幸福度と脳科学‼️

【遺伝子的に日本人は、向上心が高い?低い?!】

神経伝達物質と言う言葉、聞いたことありますかね?

色々な物質が脳から放出されて人の情動行動に影響を与えています。

神経伝達物質には、
セロトニン
ドーパミン
ノルアドレナリン など。

この3つを三大神経伝達物質と言います!

さて、本題。

セロトニンという神経伝達物質は不安を制御します。

不安になると減少します。

すくないと、うつ病になるリスクが高い。

セロトニンの伝達にかかわる遺伝子が2種類あるようで、3タイプに分かれます。

3タイプの中で2タイプの人は、不安傾向が強いらしいく、日本人はこの2タイプの人が98.3%らしいです^_^;

一方アメリカ人は67.7%

日本人はアメリカ人よりも1.5倍多い様です。

この遺伝的要因が、日本でアメリカ的人事制度が根付かない、成功しにくい理由の一つのようです。

とは言っても人は殆どの人がリスク回避型の遺伝的を持っていて、1万円貰えた時の満足度と、一万円を無くした時の損失度は一緒では無く、損失度の方が大きいらしい。

セロトニンは運動をすると増えます!
太陽の出ている午前中に運動するとなお^_^

#蕨東口
#フィットネス
#パーソナル
#産後

#脳科学 大事
#向上心
#セロトニン

コメントは受け付けていません。

サイト管理

PAGE TOP